クマ 種類

種類に合ったクマケアを!

下まぶたというのは、皮脂腺が少ないので非常に乾燥しやすく、バリア機能も他の部分より弱いのが特徴です。

 

そのためちょっとした刺激でもダメージを受けやすいので、色素沈着や血行不良などのトラブルが起きてしまいます。

 

こういったトラブルによって発生するクマは、原因によって種類が分かれます。

 

種類が違うということは解消法も違うので、自分のクマのタイプに合った対策じゃないと改善できません。

 

ここではクマの種類別に解消法をまとめているので、クマケアの参考にしてみてください。

 

 

 

目の下が青いクマ

目の下の皮膚はとても薄いので、毛細血管が透けやすいです。
血行が悪くなって血液が滞った毛細血管は、皮膚を通して見ると青っぽくなります。

 

これが青クマの正体で、主に睡眠不足や眼睛疲労、ストレス、冷え、生活習慣などで血行不良が引き起こされるため発生します。

 

血行不良による青クマは、マッサージや蒸しタオルなどを使い血液の流れを促進することで解消しましょう。

 

マッサージで改善する場合は、まず目元専用のクリームを塗ってください。

 

後は、目頭から下まぶたを通り、目尻まで優しく流すイメージでマッサージするだけです。

 

この時、こすったり強く押したりすると、摩擦を起こして色素沈着することがあるので、絶対に力を入れないようにしてください。

 

蒸しタオルで血行を促進する場合は、濡らしたタオルを30秒から1分ほどレンジで温めて、適温になったら目の上に置きましょう。

 

蒸しタオルは疲れ目の改善にもなるので、パソコンやスマホなどで目を酷使する方のクマ予防にも効果的です。

 

 

 

目の下が茶色いクマ

目の下は、アイメイクをしたりクレンジングをすることで頻繁に摩擦が起こりますし、紫外線によるダメージも受けやすい部位です。

 

摩擦や紫外線のダメージで発生する活性酸素は、メラニン色素を大量生成する原因です。

 

しかも目の下はターンオーバーのサイクルも遅いので、メラニン色素が過剰になると肌細胞に沈着してしまいます。

 

メラニン色素は茶色いので、沈着すると茶クマとなってしまうのですね。

 

茶クマは、美白ケアとターンオーバーを活性化させる保湿ケアで対処しましょう。

 

ただしシミ用の美白成分は刺激が強いので、ビタミンC誘導体など目の周りに使っても安全な美白成分でケアしてください。

 

ビタミンC誘導体はコラーゲンの生成をサポートするので、保湿機能を高めてターンオーバーを活性化する効果も期待できます。

 

目元専用のアイクリームでしっかりスキンケアを続ければ、メラニン色素の還元や排出効果で茶クマの改善につながります。

 

 

 

▼評価の高いアイクリーム▼

 

アイキララ

 

 

 

目の下が黒いクマ

黒クマの原因は、皮膚がたるんでいることか眼窩が凹んでしまうことが原因です。

 

どちらも、加齢もしくはスキンケア不足で起こることが多いです。

 

皮膚がたるむと影が出来ますし、皮膚が痩せて眼窩が凹むことでも影が出来るので目の下には黒クマが出来てしまいます。

 

皮膚がたるんだり痩せたりする原因は人によって違いますが、いずれにしても肌のハリを取り戻すことが対処法になります。

 

肌にハリを持たせるために重要なのが保湿です。

 

保湿不足で乾燥をすると、ターンオーバーが滞るので肌機能が低下して保水保持ができなくなります。

 

この状態を改善しないとハリや弾力は取り戻せないので、セラミドやコラーゲンなど保湿成分が入った化粧品でしっかりケアしてください。

 

また表情筋が衰えると皮膚のたるみにつながるため、あいうえお運動など表情筋を鍛えるトレーニングも行うと、効率よく黒クマを改善できます。

 

 

まとめ

クマの改善のためには、クマの種類に合わせた解消法をする必要があります。

 

合っていない解消法は実践しても意味がありませんし、やり方によってはクマを悪化させるかもしれません。

 

ですので自分のクマの種類をきちんと確認して、適した解消法を行っていきましょう。

 

 

 

ボタン