クマ 隠す

クマはメイクで隠せる

スキンケアやマッサージなど、クマを改善する方法はいろいろありますね。

 

ただ根本的に改善するのは時間がかかりますから、完全に消えるまでの間はメイクで隠してしまうのがベストです。

 

と言っても、範囲が広く色味も強いクマを隠すのは思っている以上にテクニックが必要です。

 

ここでは、やってしまいがちな失敗例と誰でも失敗せずにクマを隠せるメイク術をご紹介します。

 

 

 

コンシーラーの選び方をチェック

クマを隠すにはコンシーラーを使う、というのは少しでもメイクの知識がある方なら誰でも知っていますね。

 

ですが、このコンシーラーの使い方を間違っている人が意外に多いのです。

 

まず多いのが、コンシーラーの色と肌の色が合っていないということです。

 

クマを隠すためにコンシーラーを選ぶ場合、クマの色味に合わせるのが良いと言われます。

 

例えば青クマならオレンジ系、黒クマならオークル系、茶クマにはイエロー系が合うといいます。

 

しかしもともとの肌の色に合っていなければ、コンシーラーをつけた部分だけが浮いてしまうので逆にクマが目立ってしまいます。

 

ですので、コンシーラーを選ぶ時にはまず自分の肌と同じかワントーン暗い色を選んでください。

 

その上でクマのタイプに合った色味に近いものを使いましょう。

 

また、コンシーラーにはリキッドタイプやクリームタイプ、固形タイプなどいろいろありますが、クマ隠しには固形タイプがベストです。

 

固形タイプは一番カバー力が高いので、誰でも簡単にクマを隠せます。

 

乾燥が気になる方は、固形タイプでも少し柔らかめのテクスチャーを選べばヨレも気にならないでしょう。

 

 

 

クマを隠すコンシーラーの正しい使い方

クマを隠すためについやってしまいがちなのが、コンシーラーの厚塗りです。

 

確かにたくさん塗れば、その分クマの色味をしっかり隠すことができます。

 

ですが肌は皮脂や汗が分泌されるため、どんなに密着度が高いコンシーラーであっても時間とともに崩れてしまいます。

 

コンシーラーはカバー力が高いだけに、ファンデーションよりもヨレや崩れがくっきりと目立ちます。

 

この状態でメイク直しをすると、肌の厚みや色味が違ってしまい汚らしくなってしまうので気をつけてください。

 

固形タイプのコンシーラーならうす塗りでも十分にクマを隠せます。

 

塗り方は、コンシーラーを指先に少量取り、クマの部分にとんとんと叩きこんで馴染ませましょう。

 

すぐには隠れないかもしれませんが、しっかり馴染めばうす塗りでも綺麗にクマを隠せます。

 

ちなみに、ファンデーションのように伸ばしてつけると隠しにくくなるので、必ず叩きこんでください。

 

この塗り方なら目元のメイクも崩れにくくなりますし、メイク直しでコンシーラーを重ねても厚塗りになりません。

 

 

 

ポイントメイクで視線をそらす

クマが目立つのは、目元にあるからというだけではなく、肌の色味とまったく違うことも原因です。

 

真っ白な?に黒い点があれば、どこにあっても目立つのと同じですね。

 

ただ、その白い?に赤や青など他の色が混ざっていたら、焦点が分散されるので黒い点はそれほど目立ちません。

 

つまり顔の中でも、他に色味がはっきりした部分を作ってあげれば、クマから視線をそらすことで隠す効果が期待できるのです。

 

と言っても、アイシャドウやチーク、口紅をすべて濃くするというわけではありません。

 

例えば、目元のメイクを薄くして赤いリップをつけたり、ヘアカラーが明るければ眉カラーも明るくするなど、どこか一点にポイントを置いてメイクをしましょう。

 

リップが目立つ色なら視線を顔の下に持って行けますし、眉カラーを変えれば目よりも上に持って行けるので、クマを目立たなくさせることができます。

 

また、ポイントメイクはメイク直しもテクいらずなので、ぜひ取り入れてみてください。

 

 

 

まとめ

クマを上手に隠せないという方でも、コンシーラーの正しい使い方とポイントメイクを応用すれば、簡単に隠せるのでチャレンジしてみましょう。

 

 

ボタン