目の周り くすみ

目元の「くすみ」は老けて見える

目の周辺のくすみは印象を大きく左右し、くすみがあるだけで3歳も年を取って見られるそうです。

 

もともとくすみやすい目の周りですが、くすみの種類に合わせたケアをしていく事で明るい目元が作れます。

 

そんなくすみの原因と、簡単に行えるくすみカバーの方法を見ていきましょう。

 

 

 

3種類のくすみの原因

目の周りのくすみは、主に3種類に分けられます。

 

まず1つは目の下に出来る青黒いくすみで、一般的に青クマと呼ばれている物です。

 

この青クマの原因は血行不良と言われており、古い血液が目元に溜まり、肌から透けた状態で青っぽくくすんで見えます。

 

肌が白い方は目立ちやすいとされ、睡眠不足や目の疲れですぐ表れる、くすみの初期段階に当たる物です。

 

くすみ悩みの多くは、この青クマだと言われています。

 

そして2つ目は、上まぶた下まぶたの両方に表れやすい茶色いくすみ。

 

茶クマとも呼ばれていて、色素沈着が主な要因とされています。

 

目の周りを引っ張ったり、クレンジングで目元をこすってしまったりと、刺激を与えた事によるメラニン色素の沈着で茶色く見えるそうです。

 

また紫外線による刺激でも色素が定着し、なかなか改善が難しいくすみとされています。

 

最後に、目元が影になり黒っぽく見える黒クマです。

 

この黒クマと呼ばれる黒っぽいくすみは主に目の下に表れる事が多く、目のたるみや筋力の衰えが原因で起こります。

 

このタイプは他の2つと違い、目元に影が差し黒くくすんで見えるのが特徴です。

 

目元の肌のハリや筋力を鍛える事でくすみを改善するとされています。

 

このように、目元のくすみは種類があり、それぞれに原因と対処法がある事が分かるかと思います。

 

 

 

青っぽいくすみをカバーする方法

こうしたくすみを簡単にカバーするには、やはりメイクで目立たなくさせる事が1番早い方法となります。

 

まず青黒い目元のくすみをカバーしたい時。

 

こちらは先ほど記述した通り、血行不良が原因で表れているくすみとなるので、血色をプラスすると目元が明るく見える様になります。

 

黄色みの強い肌質の方は、オレンジ色が血色に最適だそうです。

 

オレンジベースのコンシーラーを目の下に軽くおくだけで、青いくすみが薄く見えるようになります。

 

それでもまだ暗い印象が残る場合は、部分用のコントロールカラーを使用すると良いでしょう。

 

明るめのオレンジをコンシーラーに混ぜて使ったり、そのまま上から色を指すだけで随分と目元が明るくなるはずです。

 

反対に、色白の方におすすめの血色カラーはピンクベージュです。

 

色白肌やピンクがかった肌質の方がオレンジ色を使うと、黄みが強く出てかえってくすみに見えてしまう場合があります。

 

肌の色に合わせた色みを使用すると、簡単に青クマをカバーできますよ。

 

 

 

茶色、黒のくすみにおすすめの色合い

茶色っぽいくすみをカバーするには、イエロー系のコンシーラーがおすすめです。

 

自分の肌の色より明るくなりすぎない程度の色みを使えば、自然となじみやすくなります。

 

また、目の周りに刺激を与えないよう軽くポンポンと叩いて乗せるようにしましょう。

 

この時、コンシーラーを塗りこんだり目元を引っ張ったりすると、新たなくすみの原因になるので気をつけて下さい。

 

コンシーラーも固形のタイプより、リキッドタイプの方が伸びも良く、摩擦も軽減できるそうですよ。

 

黒いくすみには、影を飛ばす様な明るいコンシーラーを使用してみましょう。

 

パールの配合された物なら、光を集め目元を明るくしてくれます。

 

また、ベージュやオークル系の色も自然な明るさが出るのでおすすめです。

 

 

 

まとめ

このように、自身のくすみの種類で選ぶ化粧品の色も変わってきます。

 

自分に合った色みで上手にカバーし、明るい若々しい目元を演出してみてはいかがでしょうか。

 

 

▼評価の高いアイクリーム▼

 

バナー

 

 

 

ボタン