目の周り シミ

目の周りのシミを撃退する方法は?

年齢と共に気になる顔のシミ、特に目の周辺にできるシミは目立ち、悩みの種となりますよね。

 

そんな美肌の天敵でもあるシミを、根本から解消する事はできるのでしょうか?

 

目の周りにシミが出来る原因から、シミ撃退に効果的な3つの対処法をご紹介します。

 

 

 

目の周りにできるシミは、普段の何気ない行動が原因だった!

紫外線の蓄積や外部からの刺激により色素が沈着してしまうと、シミとなって肌表面に現れます。

 

これは多くの場合老化が原因とされ、ホルモンバランスの乱れや新陳代謝の働きが悪くなり起こると言われています。

 

特に目の周りは他の皮膚と比べてとても薄く、デリケートな部位です。

 

加齢に伴う肌質の劣化に加え、少しの刺激でもシミの原因となるので、シミが出来やすい箇所となっているのです。

 

このようなシミ対策として大切なのは、まず一つに紫外線によって出来るメラニン色素を生産させない事。

 

メラニン色素が過剰に生産されるとシミとなって肌に残りますので、紫外線をなるべく受けないような対策が必要です。

 

そしてもう一つは、接触性刺激を与えない事。

 

クレンジングの際にゴシゴシ洗ったり、目を擦る行為もシミを引き起こす要因とされています。

 

普段何気なくしている行為が、シミを作り出す原因となっているので、自身の行動を振り返り正しい肌ケアを心がけるようにしましょう。

 

 

 

新しくシミを増やさないための対処法2点

シミの対処法1つ目は、紫外線から肌を守る対策です。

 

紫外線は5月が最も多いと言われていますが、冬場でもその3分の1の量が放射されています。

 

ですので、季節や天候に関わらず、外出時には必ず日焼け止めを塗るようにしましょう。

 

また、こまめにケアするのも大切ですので、2時間から3時間おきに塗り直すと良いそうです。

 

最近ではスプレー式の日焼け止めも販売されていますので、こうした物を使用すれば化粧の上からでも対策が行えるかと思います。

 

化粧品もUVカット仕様の物を選ぶと良いでしょう。

 

帽子やサングラスを加えれば、紫外線を浴びる量も減らせるのでおすすめです。

 

シミ対策のもう1つは、目元に刺激を与えない工夫です。

 

落ちにくいアイメークなどは無理にクレンジングで擦らず、アイメーク専用のリムーバーなどで落とすようにしましょう。

 

また花粉症などで目が痒い場合でも、なるべく目をかかない様にして下さい。

 

難しい場合も多いですが、これらの対処をする事でシミが出来にくくなる他、薄く目立たなくなってきます。

 

 

 

出来てしまったシミにはこんな対処がおすすめ

最後にご紹介するシミ対策は、出来てしまったシミを改善する方法です。

 

色素沈着してしまったシミを完全になくすことは、残念ながらできません。

 

しかし、肌のターンオーバーを促し、新しい肌に生まれ変わらせる事でシミを薄くさせることは可能です。

 

そこで大切になってくるのが、生活リズムの改善や食生活の見直しです。

 

睡眠をしっかり取り、栄養バランスの取れた食事で肌のターンオーバーを促しましょう。

 

こうした生活スタイルを続ければ、新陳代謝も活発に動き出すので、肌の生まれ変わりをサポートしてくれます。

 

美肌にはビタミンが必要ですから、そうしたサプリメントを飲むのも一つの手でしょう。

 

また最近注目されている油も、体を酸化させやすいサラダ油などはなるべく避け、新鮮なオリーブオイルやアマニ油などを選ぶのもいいかと思います。

 

体の中から美肌を作れば、できてしまったシミも少しずつ目立たなくなっていくのです。

 

 

 

まとめ

根本的なシミ解消は難しいものの、新たなシミを作らない工夫や、今あるシミを薄くする事で顔の印象も違ってきます。

 

美白効果のある化粧品なども取り入れ、目元のシミを少しでも目立たなくしていきましょう。

 

 

▼評価の高いアイクリーム▼

 

バナー

 

 

 

ボタン