目の周り ステロイド

目の周りにステロイドを使っても大丈夫?

目の周りは皮膚が薄いため、化粧品などによる痒みやかぶれのトラブルが多い箇所となっています。

 

生活の乱れやストレスでアトピーに掛かってしまう、成人型アトピーも最近は増えているそうです。

 

そんなアトピー用の薬として処方されるステロイド、目の付近に使用しても大丈夫なのでしょうか?

 

 

 

ステロイドは万能薬ではない?副作用について

ステロイドとは、アトピー性皮膚炎によく処方される薬で、炎症を鎮め、アレルギー反応を抑える働きをします。

 

即効性があり、数日も塗れば炎症が引くので重宝されている薬です。

 

しかしステロイドには副作用やデメリットがあると、様々な方面から指摘を受けている薬でもあります。

 

その副作用とされるのが、リバウンドと感染症のリスクが上がると言う事。

 

ステロイドの使用を止めた途端に炎症が悪化し、アレルギー反応が以前よりも強く出るリバウンド現象が起こる可能性があるとされています。

 

また、ステロイドを使用している間は免疫力が落ち、感染症や新たなアレルギー症状を引き起こすとも言われています。

 

こうした事から、ステロイドの使用には賛否両論の見解が交わされているのです。

 

 

 

目の周りにアトピー症状がでたら

しかし一方で、辛い症状をすぐに緩和できるのはステロイドだと言う事もあり、皮膚炎には大抵この薬が処方されています。

 

では目の周りに湿疹や炎症が起きた場合、使用しても問題はないのでしょうか?

 

結論から言えば、目の周辺にステロイドを使っても、すぐに問題が起こるという心配はありません。

 

炎症を放置してしまえば、そこから菌が入り込み別の症状を引き起こす原因ともなりえます。

 

ですので、炎症を鎮め症状を緩和させる事を第一優先として治療を行いましょう。

 

ただし注意して欲しい点は、必ず医師の診察の下、処方されたステロイドを使用するようにして下さい。

 

家にある残った薬などは、その症状に適した物ではない場合もあります。

 

専門医の診察を受け、新しく処方される症状に適したステロイドを使うことが、副作用などの危険性も少ないと言えます。

 

 

 

アトピーが長引くなら、ステロイドに変わる薬の使用がおすすめ

先ほど、ステロイドを目の周辺に塗っても大丈夫だと記載しましたが、長期間の使用になる場合は治療法を改めた方が良さそうです。

 

ステロイドを塗る期間が長いと、緑内障になってしまうリスクが上がると言われています。

 

まぶたなどに塗ったステロイドが目の中に入ると眼圧上昇という現象が起こり、これによって緑内障の発症が起こるそうです。

 

緑内障は最悪、失明する恐れもあるので、ステロイドの使い過ぎには十分気をつけましょう。

 

また、慢性化した目の周りのアトピーなら、医師と相談し治療法を変えてみるのも良いでしょう。

 

ステロイドと同じ作用のあるプロトピック軟膏は、眼圧上昇が起きない薬だそうなので、目の周辺に塗るには適しています。

 

また、抗アレルギー剤の処方で症状が緩和される場合もあります。

 

塗り薬だけに頼らず、こうした痒み止め作用のある薬を飲むのも一つの手ではないでしょうか。

 

皮膚科の医師に相談をすれば保険適応で薬を処方してくれるので、気になるのであれば相談をしてみましょう。

 

また、目の周りの炎症や痒みは、肌の乾燥によって起きている事が多いそうですので、朝晩の保湿をこまめにするだけでも症状が抑えられます。

 

油分の多いワセリンなどを洗顔、入浴後に塗れば、薬に頼らなくても症状を和らげる事が出来るのです。

 

治療が長引く場合には、この様なステロイドに変わる治療方法を試してみて下さい。

 

 

 

まとめ

顔に起こるアトピー症状の中でも、最もデリケートなのが目の周辺だと言われています。

 

ステロイドだけに頼らず、アトピーが出ない様保湿やバランスの良い食事などに気をつけ、アトピーになりづらい工夫をするのが良さそうですね。

 

 

 

▼評価の高いアイクリーム▼

 

バナー

 

 

 

ボタン