目の周り 青い

青クマは治せる

目の周りが青白くなると、不健康に見えたり印象も暗く見えてしまいます。

 

このように目元が青っぽく見えてしまうのは、青クマが出来てしまっているからです。

 

青クマが出来る3つの原因と解消法を知り、健康的な明るい目元を目指しましょう。

 

 

 

青クマになる3つの原因

青クマが出来る原因、それは血行不良です。

 

目の周りには沢山の毛細血管が集まっており、血行が悪くなると黒っぽい血液が溜まります。

 

加えて目元の皮膚はわずか1ミリ程の薄さなので、それが透ける事で目の周りが青白く見えてしまうのです。

 

ですので、この血行不良が改善すれば目の周りの青クマも解消されると言う事になります。

 

では、なぜ血行が悪くなってしまうのでしょう。

 

まず1つに、寝不足や不規則な生活によって引き起こる血行不良が挙げられます。

 

私達の体は寝ている間に血管を広げ、溜まった血液を循環させる働きをしているのですが、寝不足状態では十分に血流を促せなくなります。

 

また、質の低い睡眠が続くとホルモン分泌が下がり、血液中に余分な脂質が蓄積され流れが悪くなると言われています。

 

さらに、疲労やストレスによる血行不良も原因となります。

 

ストレスによって自律神経が乱れると、血液の循環調整が正常に機能しなくなります。

 

さらにストレスを感じると血管を収縮させるホルモンが分泌され、血行が悪くなるとされています。

 

そして3つ目は、運動不足から起こる血行不良です。

 

人間の体は筋肉を動かす事で、毛細血管の隅々まで血液を巡らせています。

 

運動不足などで体を動かさずにいると、血流が悪くなり青クマの要因となってしまうのです。

 

 

 

睡眠時間と食生活で青クマ解消

青クマの原因である血行不良、それを引き起こす3つの要因が解消されれば青クマも改善して行くでしょう。

 

まず寝不足や生活の乱れですが、これは生活習慣の見直しですぐに実行出来るかと思います。

 

睡眠時間にはゴールデンタイムと呼ばれる時間帯があり、夜10時から2時までに睡眠をとる事でホルモンの分泌が正常に行われます。

 

この時間帯にしっかりと睡眠を取っていれば、血液の流れも良くなりクマも出来にくくなるのです。

 

そして不規則な生活に関しては、食生活の見直しも重要になってきます。

 

外食やインスタント食品が多くなると、どうしても野菜や魚、豆類が不足し、血液の巡りも悪くなってしまいます。

 

ですから、毎日の食生活で血行を促すことができる栄養を取り入れる必要があります。

 

ビタミンCは血液をサラサラにし、血の流れを良くする作用があります。

 

また、ビタミンEは血液が固まるのを防ぐ働きがあり、血流を促す効果に期待が持てます。

 

こうした血の巡りを促す栄養素を積極的に取り入れるのも、目の周りの血行不良を改善し、青クマ解消に繋がるのではないでしょうか。

 

 

 

入浴と運動習慣で青クマをできにくくしよう

疲労やストレスから起こる血行不良には、入浴がおすすめです。

 

入浴には疲労回復や全身の血行促進に加え、ストレス発散やうつ病予防に効果があるとされています。

 

また、入浴後は質の高い睡眠を得られる事から、青クマ対策には効果的な改善法と言えますね。

 

そして最後に運動不足で引き起こる血行不良ですが、こちらは毎日続けられる運動を習慣にしましょう。

 

ウォーキングやストレッチは全身の血流が活発になり、血行が良くなるそうです。

 

過度な運動よりも、体を動かしてあげる目的で行う方が日々継続できて血行促進にも効果があります。

 

こうした習慣を見直す事が、青クマ対策には大切なのですね。

 

 

 

まとめ

血行不良は目元の青クマだけでなく、肩こりや冷え症、肌荒れなどを引き起こす事もあるそうです。

 

こうした全身のトラブル予防のためにも、毎日の習慣を見直し、血行促進を心がけるようにして下さい。

 

 

▼評価の高いアイクリーム▼

 

バナー

 

 

 

ボタン