茶グマ 改善

picture
「目の下の茶グマがひどいです!!」どんなに寝てもどんなに血行を良くしても全く薄くならない茶グマがあります。

 

茶クマは色素沈下が原因とどこでも書いてありますが、それに対する効果的な解決方法はあまり書いておらずどうすればなおるのかわかりません。

 

自分はバランスの取れていない食事をしているためやせ型で不摂生が原因だと思うのですが、数年前に眉間より少し下の鼻筋を強打してしまい眉間から鼻筋、両目の下(目尻ほど)まで内出血で紫色になってしまいました。

 

今はすっかりなおっているのですがそれも原因なのかなと最近では思います。内出血で色素沈下したんでしょうか?

 

コンシーラーを使っていますが全然隠せないほど濃いクマです。

 

ふと鏡をみると冴えない自分の顔……。目の周りはなんだか暗くて、いつまでも消えないクマ。

 

そんな目の下のクマのせいで、年齢よりもずっと老けてみられてしまうことも。

 

そこで、目の下のクマの悩みを解消するために必要な、治療法やセルフケア、メイク術など
の下のクマといえば、「寝不足のときにできるもの」というイメージがあります。

 

でも実は、目の下のクマには「青グマ」「黒グマ」「茶グマ」の3種類があり、原因はそれぞれ違うんです。

 

まずは自分の目の下のクマがどの種類なのか確認してみましょう。

 

簡単チェック! クマの種類の見分け方

 

目の下の皮膚をそっと引っ張ると、多少目立たなくなるのは青グマ!

 

鏡をもって顔を天井のほうへ向けると目立たなくなるのは 黒グマ!

 

目の下の皮膚を引っ張っても、上をむいても変わらないのは茶グマ!

 

青グマ、黒グマ、茶グマの判別が難しい場合は、2種類以上のクマが組合わさった、複合的なものかもしれません。

 

目の下のクマを解消するには、それぞれのクマに適した正しい対策とケアを行うことが重要です。

 

茶クマの特徴目の下が茶色くくすんでいるのが特徴です。

 

日焼けすると肌の色が黒くなりやすい人ほど、茶グマの症状があらわれることが多いといわれています。

 

睡眠不足や疲労、喫煙やホルモンバランスの乱れなどの生活習慣が、血行不良の原因になることがあります。

 

ほかに、運動不足も血の巡りを悪くさせる原因に。

 

茶クマの原因は色素沈着です。この色素沈着とはシミやくすみのことを指します。

 

茶グマの3つの原因

1. 肌の乾燥

目もとの皮膚が乾燥してカサカサになると、くすみができやすく、目の下のクマの原因になることも。

 

2. 紫外線

紫外線を浴びると、シミくすみのもととなるメラニン色素が増加するので、茶グマができやすくなります。

 

3. マスカラなどの化粧残り

マスカラやアイラインなどをきちんと落とさないと、色素沈着が起こって、茶クマになってしまうかも。

 

とはいえ、無理にゴシゴシこすってメイクを落とすのは、目もとの皮膚に強い摩擦を与えるのでNG。

 

疲れやむくみ、血液のよどみなどによって引き起こされる目の下のクマは、病気のサインである可能性もあります。

 

セルフケアも大切ですが、それでも改善されないときや、すぐに改善したい場合は、専門機関に相談するのもひとつの方法です。

 

茶グマの4つの解消法

 

1. 紫外線対策をしっかりと

日焼けは色素沈着の大きな原因。

 

茶グマが気になるようになったら、まず日ごろの紫外線対策を見直してみたほうがいかも。

 

冬場でも、外に出かけるときは、日焼け止めを塗ったり、UV効果のある化粧下地を使ったりするなど、紫外線対策を万全に行いましょう。

 

2. 目をこすらない

アイメイクをしていると、洗顔のときゴシゴシこすってしまいがち。

 

それが茶クマの原因である色素沈着を招くので、アイメイク専用のクレンジングで優しく洗うようにしましょう。

 

3. 乾燥ケア

肌の乾燥が茶グマの原因となるくすみにつながります。
洗顔後は、化粧水や美容液でたっぷり保湿をして潤った肌を保つようにしましょう。

 

参考:目の周りの色素沈着を21日間でカンタンに治すスキンケア

 

 

4. 食事&美白化粧品でビタミンCを摂取

メラニン色素の生成を押さえて色素沈着を防ぐには、ビタミンCをとることが大切。

 

キウイフルーツやブロッコリーには豊富なビタミンCが含まれています。

 

また、美白化粧品にはビタミンCが配合されているものが多くあります。

 

食事とスキンケア用品で、内側からも外側からもビタミンCを摂取することで、茶グマ対策になります。

 

結局は自分自身でのケアが一番の改善法になりますので、できるところからやっていくことをおすすめします。